パワハラをなくして職場環境を改善する!

【指導のつもりでも、実はハラスメント行為ととらえているかも・・・。】

最近、職場の問題として多く取り沙汰されるのが、ハラスメント(嫌がらせ・いじめ)行為。

セクハラ(セクシャルハラスメント)、マタハラ(マタニティハラスメント)、モラハラ(モラルハラスメント)、パワハラ(パワーハラスメント)・・・などという言葉をよく耳にされると思います。

実際にどんな行為がハラスメント行為なのか?今回はパワハラを取り上げました。
パワハラとは簡単にいうと、「職場の権力(パワー)を利用した嫌がらせ」ということになります。

厚生労働省の資料より、パワハラの行為を6カテゴリー上げていますが、さらに踏み込むと、
①「公開叱責(多数の門前での叱責)、人格否定」
②「感情を丸出しにするモンスター上司、給料泥棒呼ばわりする」
③「退職勧奨や脅し」
④「無視の命令」
⑤「困難な仕事を与えて低評価にする、過剰なノルマ」
⑥「パワハラの訴えを聞き流す」

(厚生労働省指定法人21世紀職業財団による定義)

などの類型があります。約3割の企業で何らかのパワハラ行為があり、そのうち、パワハラを受けた7割の方が精神的な不調を訴えたことがあるとのデータが出ています。

パワハラがある職場環境では、職場全体の士気が下がり、生産性が低下します。
また、当然離職率も上がるでしょう。
パワハラの予防・解決には、トップの意識が重要です。

職場環境に問題がないか、スタッフになにか異変を感じないか、再度チェックしてみてください。


コメントは受け付けていません。

トラックバックURL:
http://www.kbs-salon.com/blog/salon/2015/04/04/%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%8f%e3%83%a9%e3%82%92%e3%81%aa%e3%81%8f%e3%81%97%e3%81%a6%e8%81%b7%e5%a0%b4%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%92%e6%94%b9%e5%96%84%e3%81%99%e3%82%8b%ef%bc%81/trackback/