ちっちゃい美容室のでっかい革命

店販購買率95%以上という驚異的な数字で経営されている、
のりこ美容室代表前田秀雄氏の著書。
当社主催で同氏の講習も何度か開催しておりなじみ深い。
5名で営業する小さな地域密着型サロン。通りがかりで来店するような立地ではない。さらに、広告は打たない、ホームページはない、キャンペーンはしない、安売りはしない・・・なのに超繁盛している。。。
その理由を余すことなく伝えているのがこの著書。
著者の美容経営に関する徹底したこだわりと信念。
完全予約制、正午から1時は昼食休憩でシャッターを閉める、
客視点に立った内装、完全に顧客カスタマイズされたサービスなど、顧客にとっても、従業員にとっても、お店にとっても最大限の喜びが得られるような仕組みづくり。
なるほど、ここまでこだわっていれば繁盛するはずだと納得できる。

小さなサロンだからできる極上のサービス

著者は、愛知県大府市というローカルな場所で、美容室を1人で経営していた主婦理美容師。持病悪化のため現在はサロンワークを休業し、インターネットを使って全国のサロンオーナーに経営相談を行っている。
現役時代は、5坪1席のスペースで月売上120万円超をあげたこともある繁盛ぶり。平均客単価は約12,000円。
著書では、その繁盛ノウハウを惜しみなく披露している。
タイトルの通り、「小さなサロンだからできる」ことがポイント。
固定客化の方法、来店サイクルを上げる方法、客単価を上げる方法、新規客獲得方法、カルテ管理の重要性など、章ごとに具体的にまとめられている。なるほど、ここまですれば自ずと売上もついてくるなと納得させられる。常に顧客視点、徹底的な他店リサーチ・ベンチマーク・・・。
繁盛の裏側には、見えない努力と知識の獲得があり、他店に学びながら
も、自店にしかできないことを徹底して追求する姿勢に共感した。

労働時間制度改革

著者 : 大内伸哉
中央経済社
発売日 : 2015-02-19
事業を営み、従業員を雇うならば労働基準法の遵守が必要である。
ただし、この法律は戦後の製造業を前提にした法律なので、
今の働き方、業種・業態によっては法が必ずしもなじまないのが大きな問題点である。
特に「労働時間」や「賃金」に関しては、現にいたるところに矛盾が生じている。
著書では、日本の労働時間規制の内容と、欧米の労働時間規制の比較をしながら、労働時間はなぜ規制されるべきなのか、今の制度のどこが問題なのか、どういった労働時間制度ならば日本社会になじむのかなどを提言している。
長時間労働や、残業代の未払いをおこなういわゆる「ブラック企業」排除が叫ばれているとはいえ、企業側の努力だけではなく、今にあった法律の改正が必須であると考えさせられる。

「空気」でお客様を動かす

著者 : 横山信弘
フォレスト出版
発売日 : 2014-12-06
「空気」を読む・・・KY(空気読め)という流行語ができるくらい、日本人の文化に根付いている。
この書は、その「空気」をつくって、お客様の購買意欲を高めようというもの。
お客様の「空気」への反応により、「自燃客」「可燃客」「不燃客」の3種に分類。
「空気」にいちばん反応する「自燃客」と、「空気」には基本的に反応しない「不燃客」では、対応の仕方を変えなければならない。
それぞれへの対応策を事例を交えながら、とても分かりやすく解説。
今日からでも実践できる視点で、接客時間の長い美容師にはおすすめの書である。

「育休世代」のジレンマ 女性活用はなぜ失敗するのか?

「女性活用はなぜ失敗するのか?」
というサブタイトル。
男女雇用機会均等法や、育児・介護休業法が整備されたとはいえ、まだまだ女性が働き続けられる職場環境の理想には及んでいない。
それはいったいなぜなのか・・・?
15人の女性に綿密なインタビューを実施し、その原因を追っている。
受験戦争に勝ち抜いて一流大学に進学し、一流企業に就職したいわゆる「バリキャリ」女性でも、出産や育児を機に職場から離れてしまう。。。復職したくても様々な事情があってできない、あるいは復職できたとしても、出産前よりも待遇や責任感の低い仕事に就く者も多い。
職場全体の意識の問題、長時間労働の問題、育児支援制度の問
題、保育所の問題・・・まだまだ課題は多い。

美容室・はじめての労務管理と就業規則

美容室オーナー向けに分かりやすく書かれた労務管理の本。

これから深刻な人材不足を迎えるであろう美容業界。

少子化で母数が少なくなっているうえ、労働環境が劣悪だからと美容業界への就職を敬遠する人も少なくない。

美容室を長期成長させていくには、安定雇用できることはもちろん、人がやめない仕組みづくりが重要。

まずは、オーナーとスタッフ間でトラブルが起こらないよう、お店のルールをしっかりつくっておくこと。

なぜ採用がうまくいかないのか?、なぜすぐに辞めてしまうのか?残業代や社会保険の問題は?・・・

美容室オーナーが最低限知っておくべき、労務管理の知識が網羅されている。

スタッフを雇われている、あるいは、これから雇う予定のある方はぜひ一読ください。

著者:秋田繁樹
発行者:新美容出版
120ページ


メリットの法則

お客様はなぜこの商品を買いたくなるのか?
購買に至るまでどういった気持ちの変化が生じるのか?
といった心理的なことに最近興味があり、購買心理学の本を数冊読んでいる。
この本は、もっと大きな範囲で、なぜ人は○○をしてしまうのか?
という行動分析学を解説している。
人間の行動は、「好子」「嫌子」「出現」「消出」の組み合わせで把握できることを、恋愛や、不登校、ダイエットなど豊富な事例で紹介している。
不登校児を学校に行かせるには?
ダイエットはなぜ成功しないのか?
なるほどそういうことなのか!と腑に落ちることが多く、実践でも取り入れたくなった。
育児に取り入れるのもよし、自己の行動を変えるために取り入れるのもよし・・・。
繰り返し読んで理解したい内容であった。

脳は平気で嘘をつく

著者は、「ホンマでっかTV!?」への出演で人気の心理学者。
学者の書籍は小難しくて読みにくいものが多いが、バラエティ番組にも出る著者であるから、とても楽しく読みやすい。
・人が占いにはまってしまう理由
・タフで人付き合いのいい仕事人ほど鬱になりやすい
・ボランティアがアンチエイジングになる理由
・怒っている相手をしずめる効果的な対応
・人は「好き」より「嫌い」に共感する
・美人は性格もいいものか?
・記憶は捏造される
など、興味深い話題が満載。
人間関係に疲れている方は、少し気が楽になるかも。
もっと疲れたりして・・・(笑)


なぜあのサロンはホットペッパービューティーで繁盛しているのか

ホットペッパービューティーへの掲載は、サロン経営にとっては賛否の別れる所。
巨大なポータルサイトなので、閲覧者数が多く、新規客の取り込みは一定の効果が見込めるものの、クーポン頼りの安売り合戦になってしまい、値段を判断基準にする客層が集まりやすいというデメリットがある。
この書では、安売りの打ち出しではなく、いかにサロンの魅力をサイト内でアピールできるかについて、成功サロンの事例をもとに解説している。
特に重要視しているのが、スタイル写真と更新頻度。
サロンコンセプトとスタイル写真は適合しているか?
ブログを高頻度で更新し、有意義な情報を提供したり、サロンの雰囲気をうまく伝えられているか?・・・など。
ポータルサイトへの掲載を検討しているならば、ぜひ一読を。

日本人はこれから何を買うのか?

今後は、夫婦&子ども世帯が減少し、ひとり暮らし世帯が主流になる。今の日本の平均的な家族像が、どんどんと変わっていくことを念頭にこれからのマーケティングを考えなければならない。
「超おひとりさま社会」では、ライフスタイルはどのように変化し、人々は何を求めるようになるのか。。。
豊富なデータを紹介しながら、これからの日本社会を分析する。
ひとり暮らしが主流になるといえど、人々のつながりがなくなっていくわけではない。
むしろ、これまでとは違う形でのつながりができてくる。
著書では、「シェア」と「共費」というキーワードをベースに論を展開する。
人々の新しいつながり方に対して、どういった対応をとれるか。。。
そこにビジネスのヒントが隠されているだろう。