今の時代を生き抜く、常連客を満足させるサロン創り

(テーマ)
今の時代を生き抜く、常連客を満足させるサロン創り

(日時) 
2012年 9月3日(月) 
午前の部10:00~12:00
午後の部13:30~15:30
     
(参加費) 2,000円/1名様
(定員) 各40名
(会場) タカラベルモント大阪本社 3F貸会議室
大阪市中央区島之内2-13-22  Tel:06-6212-3600

(講師) 松井 竜馬氏 http://matsuiryoma.jp/
◇プロフィール◇
1967年兵庫県西宮市生まれ。
1996年に西宮市に美容室PURE VISAGE設立。
1999年に拡張移転、地域一番店を目指すものの、商圏内に大型サロンが出店し、廃業寸前の危機。
その後、佐藤元相氏主宰「あきない実践☆道場」にて本格的にランチェスター戦略を学ぶ。
現在は、夫婦2人で美容室「髪心和処」を営む傍ら、現場での集客事例をもとにした「小さなお店の集客ナンバーワンコンサルタント」として全国各地のサロンマネジメント講習で講師をつとめる。

<内容>
小さなサロンが生き残るためには、値引きに頼ることなく、小さなサロンの強みである常連客を満足させることが大切。
常連客を囲い込み、満足していただくには何が必要なのか?
新規客の獲得や、既存客の囲い込みを理論だけでなく、実際に近くに大型店が出店、経営難に陥った実体験をもとに、
その時どう考えたか、それをどうサロン創りに活かしたかを語っていただく説得力・納得感の高いセミナーです。

<主催>タカラベルモント株式会社 大阪営業所


マーケティングセミナー開催 モノを売るな!体験を売れ!!

(テーマ)
「モノ」を売るな!「体験」を売れ!!

(日時) 
2012年 2月20日(月) 14:00~16:00     
(参加費) 3,000円/1名様

(会場) 大阪国際会議場(グランキューブ大阪)10F会議室1008
大阪市北区中之島5-3-51  Tel:06-4803-5555

(講師) 藤村 正宏氏(フリーパレット集客施設研究所)
◇プロフィール◇
1958年北海道生まれ。明治大学文学部演劇学専攻科卒。
集客施設(テーマパーク、レストラン等)の企画設計を手掛ける中、演劇の手法を取り入れて成功。
ヒトの潜在意識に影響する要素を取り入れるほか、体験を売るという「エクスペリエンスマーケティング」の考え方で、集客施設や会社のコンサルティングを行う。

<内容>
モノがなかなか売れない・・・、多くの方々がその悩みを抱えています。
モノが溢れる現代社会においてはk、消費者が欲しいと思うモノが少なく、
どんなにこだわっても不要とされてしまうことも・・・。
そんな中、確実に集客をされているお店や企業があります。
共通点は「体験」を売っていることです!!
このセミナーでは「体験をうる」という視点、「エクスペリエンスマーケティング」を紹介し、不況に関わらず売れるサービス、売れるお店作りに
まずはエクスペリエンスマーケティングセミナーを「体験」し、新たな反応を生みだしていきましょう!!

<主催>大阪美容器具卸商協同組合


ソーシャルメディアで、企業と消費者の関係を深め、その関係をマネタイズできるのか? ~ソーシャルメディア進化論~

武田隆
ダイヤモンド社
発売日:2011-07-29

とても面白かった。
ソーシャルメディアは今や、日本で約7000万人が利用している。
企業がこのメディアを利用した取り組みを検討するのは、当然の流れである。
はたして、
「ソーシャルメディアで、企業と消費者の関係を深め、その関係をマネタイズすることができるのか?」
を深く考察したのが本書である。
企業コミュニティを、消費者同士が価値観を共有できる場としていかに構築できるか、そして、そこでのやりとりが、企業と消費者の関係を深め、結果として企業ブランドにつながっていく、という流れは非常に興味深い。
キーワードは、、、

・一方通行でなく、双方向コミュニケーションを
・消費者が参加しやすい仕組みづくり
・共感から始まる消費者同士の団結力
・フラットで対等な関係性を構築
・人間味やあたたかみを感じさせる
・コミュニティの形成には継続的な育成の姿勢が必要
・インターネットの本質に適応するコミュニケーションのスタイル「FOOL」(Flat,Open,Only,Longterm)
・ヘテロジニティ →それぞれ異なった考え方、異なった期待、異なった価値観を共有した個人が、ネットワークを通じて、ある1点の共通する興味関心によってコミュニティを形成する
・ソーシャルメディアの分析軸
 ・現実生活の交友関係でつながる⇔趣味や想い、価値観でつながる
 ・情報交換を求める⇔関係構築を求める
・20名の法則
 →ネットコミュニティが20名を超えると場の用途を関係構築から情報交換に変えて使用し始める
・関係構築のソーシャルメディアは、対話を重ねることで居心地や唯一性を確認することを大事とする
・情報交換の    〃    は、利便性や有効性を求める集合知が生成される場所
・ソーシャルメディアに不足しているのは深い本音での発話
・親密な思いやり空間と公的なみんなの空間との橋渡しをどのように設計していくか
 →そのハブの役割を企業コミュニティが果たす
・企業コミュニティは、「企業と顧客が価値観で共鳴しあう関係構築の場を」つくるということ
・企業コミュニティ
 →メディアの時代→ツールの時代→場の時代へ
・役割の設定と報酬の設定を
・企業コミュニティの活性は、消費者ネットワークのハブである「サポーター」が育つかいなかにかかっている
・ブランドはメンバーシップそのもの
・企業コミュニティが帰属意識を高める力を持っているかどうかは、「交流量」と「感謝量」の掛け算で計測できる
・「交流量×感謝量」の向上は「新規獲得×継続利用」の向上と比例する
・消費者との共同開発、ファンの声ののトレーサビリティ
・帰属意識の高いサポーターには、その企業の商品・サービスをもっとよくしたいという動機がある
・リサーチとプロモーションが融合することが企業コミュニティの醍醐味


物々交換でサービスするという発想!!

【花一輪とドリンクを交換】

お店がお客様に花をプレゼントすることはあっても、お客様がお店に花を渡すことは・・・。
割引クーポンや値下げが当たり前のように行われている外食産業。ちょっとやそっとの割引だけでは、見向きもされないようになってきました。
日経MJ新聞の記事によると、あるフレンチ料理店では、集客力と利益確保を両立する取り組みとして面白いサービスを始めました。
それは、切り花をお店に持参すると、アルコール飲料を一杯無料で提供するというもの。
このサービスの狙いとして、

1、企画のユニークさで興味をひく
2、手間をかけず店内を華やかに飾れる
3、常連客の来店頻度を高める

このサービスは見事に的中。好調な売上を維持しているそうです。
会話のきっかけになったり、常連客が毎回違った花が飾られているのを楽しんだり、自分が持ち込んだ花をもう一度見に来たり・・・。
独自性のあるこのサービスがお店とお客様の関係を強いものにしています。

★御店ではいかがでしょうか?★

いかにも女性客が喜びそうなサービス。
美容室でも、これを応用して独自のサービスを提供できないでしょうか?
結局、割引サービスのひとつじゃない・・・で片づけてしまえばそれまでです。
単なる割引クーポンとは大きく意味が異なることを
この事例から嗅ぎ取らなければなりません。

客単価を下げて、客数を増やすという効果だけではなく、常連のお客様にも、来店のたびにわくわく感を与えるという大きな効果があるということです。
季節を反映する花には、プチリニューアル効果があります。お店の装飾にお客様が参加することになるわけですから、帰属意識も芽生えます。御店なりの独自のサービスを考えてみてください。


「キムラ君」を考察する~

最近、ミナミを歩いていると、飲食店の所々にこんな感じのポスターが・・・。

なんじゃこりゃ??
と思って調べてみた。。。

「キムラ君」とは…
キムチ+食べるラー油(ごま油でも可)を使ったメニューのこと。

このブログをベースに展開してるよう↓
キムラ君はじめました

詳細はこれが分かりやすいかな。
なんば経済新聞より↓
http://namba.keizai.biz/headline/1866/

参加店は、既に100店近くになっているようですね。
マスコミでも取り上げられているよう。

この企画すごく面白いですね~。
「釜たけうどん」のマスターやるな~って感じです。

面白いところは、奇抜なネーミングもそうですが、
・自分のお店だけでやらず、他のお店も巻き込んでいること。
・レシピの提供ではなく、ネーミングの提供だけにとどめていること。
 (キムチとラー油を使えば、あとは各店がオリジナルでメニューをつくることができる)

です。

お客さんにも、お店にもメリットの大きい素晴らしい企画だなと・・・。

<店側のメリット>
・奇抜なネーミングに興味を持った客の来店が期待できる。
・キムチとラー油を使ったオリジナル新メニューを考案できる。
・キムラ君と○○というような複数メニューの注文で客単価アップが期待できる。
・インパクトのあるメニューなので口コミが広がりやすい。
・「キムラ君って何ですか?」と客とのコミュニケーションのきっかけになりやすい・・・。

<客側のメリット>
・各店のオリジナルメニューを楽しめる。
・「キムラ君」探しができる。
・ブログや話のネタにしやすい。
・マスコミに取り上げてもらいやすい・・・。

という感じでしょうか。

競争が激しく成長が難しい外食産業ですが、自店だけでなく、外食産業全体を盛り上げようとする姿勢は素晴らしいと思います。
食材メーカーや中間業者ではなく、お店主導ということに熱意を感じます。

美容業界でも応用できるかも。
「冷やしシャンプーはじめました」
は、メーカー主導で少しブームになりましたが、地域の美容室が共同で、ひとつのメニューをアピールするみたいな感じで。

ケーススタディーとして、今後の「キムラ君」の行方を見守りたいと思います。


「無料」と「無償」サービスを考える!!

【店と顧客を結ぶための無償サービス!!】

近年「フリー」というビジネス書が大ヒットし、
ネットビジネスを中心に「無料」を武器に収益を高める販売戦略が話題を呼んでいます。

・期間限定で新発売の書籍を無料公開する。
・ソフトの機能の一部を無料で使用させ、全部 使いたければ有料販売する。

など、口コミを広げたり、「お試し」機能で購買のハードルを下げ、
集客力を高めることを目的
にしています。

一方、あるケーキ店では
「無償」のボランティア精神
から始めた「夢ケーキ」というイベントが、
結果として信頼度を高め、来店客を増やしたとのことです。

★御店ではいかがでしょうか?★

ここでの「無料」と「無償」の違いとはなんでしょうか?

「無料」とは、料金が不要。
「無償」とは、料金も含めて見返りを求めない。

美容室ではどうでしょう?

◇新しく始めたヘッドスパの10分体験コースを「無料」で提供した。
◇小分けにしたシャンプーを「無料」で提供。

などは、いずれも次につなげるための見返りを求めています。
一方、

◆常連客にシャンプー後のマッサージをなんとなく長めにおこなった。
◆急に雨が降ってきたので、帰りに傘を貸してあげた。

などは、見返りを求めていないので「無償」のサービスといえるでしょう。

御店では、「無償」のサービスを大事にされていますでしょうか?
見返りを求めないサービスがお店とお客様の関係と信頼度をより一層高めます。


女性のこころをつかむマーケティング

ブリジット・ブレナン
海と月社
発売日:2010-06-29

男性と女性では、購買へいたるまでの思考回路が全く違うということを深く理解できる一冊。

購買の意思決定権を持つのは女性である場合が多いのに、セールストークやマーケティング手法が男性向けになっており、機会損失のケースが良く見受けられる。

では、女性に向けてどんな商品をどういう風にアピールしていくべきか・・?

男性はこう考えるが、女性はこう考えるという比較で話しが進むので納得しやすい。

感覚的で、使用場面を想像し、共感やつながりを求め、購買プロセスを大事にし、評価や評判を気にする・・・。
自分を大事に扱ってほしい・・・。

こんな女性の気持ちをつかむには・・・?

特に、最終消費者を相手にする小売・サービス業の従事者・経営者は必読である。


遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか?

めまぐるしく変化する時代の流れについていけなくなった(いけなくなりそうな)「お父さん」に向けた著書

必要な物がほとんど手に入ってしまった今日、消費の考え方は以前とは異なり一筋縄ではいかなくなっている。

「高品質・低価格」に、消費者は必ずしも興味を示すわけではない。
その上に、「キラキラ」するものが必要なのだ。

では「キラキラ」とは何か?
をコストコやH&Mなどいくつかの事例を取り上げながら解説。

少しの贅沢、少しの非日常感を消費のなかに求める「遠足型消費」・・・。

日々、妻や子どもの買い物行動に疑問を抱いている方にはおすすめの書である。

共著なので章によってクオリティの差がある。また、著者の一人は編集者あがりなので雑誌礼讃派。
??もあるが、流し読みでもためになるキーワードはたくさん見つかる。

上著と考え方が近いですが「わくわく」をすすめるこちらの本は、
より身近な商店の成功事例をたくさん取り上げていて面白いです↓