美容サロン業界の代表的人物が美容師に発破 ~「世界で戦える日本」をつくる新発想~

著者は美容師に向けて発破をかけている。
もっと世界に目を向けろと。

美容サロン業界を代表する経営者、アルテサロンホールディングス代表吉原直樹氏によるもの。

——–
日本の美容師は世界最高レベルの「人財」だからもっと世界にアピールすべきだ。
日本人がもつ「職人的技術」と「おもてなし精神」は、世界でも通用する。

これを世界にアピールするなら組織と仕組みが必要。
人材育成と組織体制を確立しなければならない。

そして、世界(特にアジア圏)で戦うための方策を提案している。
「日本」ブランドを活かして、ライセンスやディプロマをアジア圏に売るという「国際家元制度」をつくるというもの。
ただ、これは誰にでもできるものではなく、アジア人に認知される規模と企業のブランド力が必要。
——–
おっしゃる通りではあるが、現状でこれができる美容サロンはごくわずか。
著者がこれから進めていきたいことを整理してみたという感じ。
うちの会社ならこれができるよというアピールになってしまった感は否めない。

考え方はとても興味深いので、野心の強い美容師さんは一読の価値はあります。